保育士になるにはどんな資格が必要?

保育士になるにはどんな資格が必要?

保育士になるには、保育士としての資格が必要なことは誰でも想像がつくことです。しかし、保育士の資格を取るための保育士資格試験には、受験資格が存在しており、誰でも簡単に試験を受け、資格を取得できるという訳ではないのです。保育士を目指す場合は、このことをしっかりと頭の中に入れておきましょう。

保育士の資格は保育士を育成する施設として認められている高校・専門学校・大学に在籍し、卒業するか、在学中に毎年行われている保育士資格試験に合格した後、保育士として登録をすると取得する事が出来ます。

学校に入学して資格取得を目指す場合、資格試験に挑戦するには最低でも2年は学校に通う必要があります。この他、指定の学校に通っていない場合は、2~5年間の間、所定の時間以上、児童福祉施設で児童の保護に関わる仕事をしていれば、保育士試験の受験資格を得る事が出来ます。

資格試験に挑戦できる条件を満たしたら、後は普通の資格試験同様、試験に挑戦し合格すれば、保育士として登録を行う手続きを受ける事が出来ます。試験に合格するまでは他の資格と同じですが、保育士になるには試験合格後に保育士としての登録を行う手続きが必要になります。資格試験に合格したらすぐに保育士に慣れる訳ではないのです。